スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王城寺原FAXニュース9

こんにちは。今回の米軍海兵隊自津田年収監視活動報告「王城寺原ニュース9」を送ります。
11月29日(月)訓練8日目 曇りのち雨

参加者:高橋浩太郎さん、本田勝利さん、小山功さん、平和委員会橋本森雄さん、仙台銀行労働組合沼田典男さん、元高教組山村忠雄さん、色麻町議遠藤武夫さん、町議天野さん

1.砲弾数:午前17発、午後181発、夜間訓練なし、合計198発 総合計872発
午後3時55分、本部で6連続発射音を確認。着弾地近く藤巻さん空中で破裂する小さな音3発、また空中で発生し広がる煙を確認しました。

2.緊急火災事故の徹底究明と訓練中止を求める申し入れ行動
午前、県庁記者クラブに連絡。TV・新聞各社取材に来ました。
・東北防衛局(榴ヶ岡第3合庁)
東北防衛局は小西保総務部長などが対応。
連絡会は、高橋浩太郎代表委員、伊藤貞夫代表委員をはじめ9人が参加しました。
  1. 防衛局は、「火災の原因は発射した榴弾が着弾したときに発生した」との認識
  2. 155mm榴弾砲で使用する砲弾は、炸裂弾、スモーク弾、照明弾などがあり、どの砲弾で火災を起こしたのか。白りん弾(スモーク弾、照明弾として使用する)を使用しているのか。などを追及したが”わからない”とのこと。後日回答すること、原因がはっきりするまで中止することを要請しました。


・県庁企画部(長野武次長、高橋芳行課長などが対応)
  1. 企画部は、火災の認識は防衛局と同じだが、「訓練中の事故は今までになかった。残念だ。26日、三町村首長協議し、東北防衛局現地連絡本部へ要請した。」と回答。

  2. 火災現場の写真を示すなど、しっかりと火災原因を究明し県民に明らかにすることを防衛局に要請することなどを求めました。


・11月30日、基地対策協議会(県・地元3町村)が開かれ、東北防衛局に再発防止を求めました(NHKラジオ)


11月30日(火)訓練9日目 晴れ
参加者:高橋浩太郎さん、本田勝利さん、小山功さん、元高教組山村忠雄さん・山口登さん、、地元天野さん、国民救援会吉田広夫さん・小林明さん

1.発射弾数 午前4発、午後159発、夜間5発 合計168発 総合計1040発
藤巻大和町議:15:10、長者館山入口西にて、照明弾2発確認。
本田勝利さん:18:20、長者館山入口西にて、照明弾2発確認。
発射音がしてから、40秒後、小さい爆発音が連続2発聞こえました。なぜか疑問。

2.東北防衛局:榴弾砲発射2発/秒を2発/分に訂正
3.19:50、訓練終了

コメントの投稿

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。