スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大崎市議会議員団ニュース

冠水問題解消のため 大江川の滞留土砂の撤去を
7月28日 住民とともに県北部土木事務所長に申し入れ

7月28日、県北部土木事務所長への申し入れ、交渉が、
県大崎合同庁舎でおこなわれました。
この交渉には、城西親和会 木村 健会長、川村信夫城西区長、
栄町親睦会会長の千葉和朗区長、高橋利昭南町西区長など10数人の住民が参加、
日本共産党の横田有史、遠藤いく子両県議、小沢和悦、鎌内つぎ子、木内知子各大崎市議も参加しました。
その要旨を紹介します。
sironisi.jpg
要望1

大江川周辺の冠水問題の要因の一つは、
土砂等が溜まって水を飲み込めないから。
これを撤去してほしい



【県土木事務所長回答】

土砂は溜まっていない。
都市化が進み、田が少なくなったため。
現在、新大江川をつくる改修工事をやっており、
これが完成すれば解消すると考えている。
なお、土砂が堆積しているかどうか調査をするのは、やぶさかではない。



要望2

古川江、稲葉江が下流で水路が狭くなっていることが、
水が溢れる原因となっている。
上流なみの幅にしてほしい。



【県土木事務所長回答】

古川江、稲葉江は大崎市の問題。
大崎市から話があれば協議し、解決に努める。
しかし、いままで市からの協議申し入れはない。



要望3

城西の県道側溝にU字水路を入れていただいて冠水がすくなくなったが、
大江川への排水手前の側溝が急に狭くなって、流れ落ちにくくなっている。
これを直してほしい。



【県土木事務所長回答】

現地を確認した上で対応を考える。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。