王城寺原FAXニュース(2)

2014年6月11日
米軍移転・日米共同演習反対宮城県委員会
仙台市青葉区柏木1-2-45 高教組内
tel.022-234-1335 fax.022-273-1767


155ミリ榴弾砲331発もの轟音
 6月10日(火)の午前、王城寺原演習場の上空には低い雲が垂れ込めて「今日の訓練も中止になるかな?」と監視対策本部で平和委員会の日下さん、工藤さん、矢野さん、そして安保破棄実行委員会の小山さん、佐藤の5人が言い合っていたところ、11:50過ぎに155ミリ榴弾砲の発射音が響き、12:00までに22発記録しました。

 午後は、13:20過ぎに自衛隊のヘリコプター2機の騒音が激しい中、155ミリ榴弾砲の発射音が鳴り続けました。特に、14:20からの6,7分で155発の発射音を記録しました。地元の方々にとってこの砲弾の音はどのように聞こえていたのでしょうか。昨年2回の155ミリ榴弾砲の実弾砲撃訓練ではこのような連続発射はありませんでした。着弾音は発射音に比べ、音が鈍く小さい場合もあって聞き取りにくい上に、連続したり、1発なのか2発分が同時に轟いているのか判断しにくかったりと、その記録には集中力を要しました。17:00までの午後の訓練では244発もの発射音を記録しました。

 記録をとりながら、6日に行われた訓練の見学会場での155ミリ榴弾砲の砲撃訓練の様子を思い出しつつ、この訓練は「何のためなのか?なぜ日本でやるのか?」など、日本の国土を使い、日本国民に大きな負担を押し付けて実施することに憤りを感じました。

 夜間の訓練は、18:00から始まり、65発を発射し、19:55に終了しました。県と大和・色麻・大衡で作る王城寺原対策協議会は、夜間訓練について「必要最小限」の実施を要望していますが、米軍はこの要望を無視し続けているとしか思えません。10日の1日だけで、発射数の記録は331発となりました。前日までの3日間は、155ミリ榴弾砲の発射はありませんでした。5日からの155ミリ榴弾砲の発射数は累計で558発となりました。すでに、昨年9月の発射総数を超過しています。

 この日は、国民救援会の吉田さん、小林さんの2名及び平和委員会の氏家さんも監視活動に参加しました。発射音・着弾音の合間に色々な話が交わされ、緊張感が一時的に解放されたりもしました。

5日からの155ミリ榴弾砲の実弾発射数

 曇り時々雨の日が続く中、日中の関し対策本部(屋外)付近の気温は18~22度くらいで推移しています。ただ、雨の吹き込む夕方・夜間は、カッパやヤッケなどを着用しないと冷たく寒いほどでした。
 発射数は次の表の通りでした。7,8,9日は155ミリ榴弾砲の実弾砲撃訓練は中止でした。

月・日(曜)午前午後夜間累計
6・5(木)385548141141
6・6(金)086086227
6・7(土)0000227
6・8(日)0000227
6・9(月)0000227
6・10(水)2224465331558


監視活動に各団体が参加
 6月8日(日)、宮教組の中央支部OGの方々3名及び現執行委員2名が藤巻大和町議を案内人として、王城寺原演習場のゲートなどを視察しました。監視本部にも訪れましたが、幸か不幸か155ミリ榴弾砲の砲撃音はしませんでした。

 9日(月)、民医連の上野さん、革新懇の髙橋さんが監視活動に参加しましたが、この日も砲撃音はしませんでした。二人が帰られた後、平和委員会の氏家さん、原水協の目黒さんが監視活動に加わりました。18:00過ぎてまもなく訓練中止の連絡があり、帰宅。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク