スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぎちゃんニュース 2013年12月号

つぎちゃんニュース 2013年12月号

子どもの医療費助成
「中学校卒業までに拡充を」

署名運動を開始しました
ぜひご協力下さい
無題 small_2
大崎市議会
鎌内つぎ子議員


「子育てネットワークおおさき」(代表 門間香織)は、子どもの医療費を中学校卒業まで無料にするとともに、所得制限をなくすことをめざして、署名運動をはじめました。
 「要望書」は大崎市長にあてたもので、来年1月末までに、5000名を目標にとりくみます。
 ご家族・お知り合いの方にも署名へのご協力を呼びかけて下さい。
 署名用紙は、お近くの党員・後援会員・又は議員団事務所(22-1252)までご連絡下さい。

保育を必要とする子供たちに、
よりよい生活環境を

 大崎市認可外保育園連絡会(代表 佐藤匡子)は、11月5日、伊藤市長に「保育を必要とする子供たちに、よりよい生活環境を求める要望書」を提出しました。
 「要望書」では、保護者の負担を少なくするため、3歳児まで保育料の助成金(現在月額2000円)を美里町と同額の月額1万円にすることなど、認可保育園との格差を是正することを要望しています。
 市長への要望、懇談には、鎌内つぎ子議員も同席し、要望の実現を強く求めました。
鎌内つぎ子_医療費助成活動写真1
みんなで署名活動
右から2番目が鎌内議員

鎌内つぎ子_医療費助成活動写真2
対話する鎌内議員
12月2日
ヨークベニマル古川店

鎌内つぎ子_医療費助成活動写真3
伊藤市長に要望書を渡す
認可外保育園連絡会代表
一番右が鎌内議員


女川原発の再稼働ストップ、
廃炉を求める請願

大崎市議会、賛成多数
(賛成18、反対15)で採択!


大崎市議会は12月5日の本会議において、「放射能から子どもを守るふるかわ連絡会」など3団体提出の請願を賛成多数で採択しました。
 産業常任委員会では全会一致で採択されましたが、自民党や電力から「強い働きかけ」があり、本会議では反対の立場からの質疑があり、本会議では反対の立場からの質疑(佐藤清隆議員)、反対討論(佐藤和好議員)がありました。
 鎌内つぎ子議員は、今後も原発再稼働ストップ、原発ゼロを目指して力をつくします。

賛成八木吉夫、佐藤弘樹、鎌内つぎ子、加藤善市、遊佐辰雄、佐藤講英、斉藤博、氏家善男、山村康治、門間忠、木内知子、小堤正人、豊嶋正人、高橋憲夫、小沢和悦、佐藤勝、大山巖、佐々木惟夫
反対中鉢和三郎、相澤久義、横山悦子、関武徳、只埜直悦、相澤孝弘、富田文志、山田和明、後藤錦信、青沼智雄、佐藤和好、三神祐司、大友文司、佐藤清隆、木村和彦
※栗田彰議員は議長のため裁決に加わらず

日本共産党市議団
66項目の予算要望書を市長に提出

11月11日、市役所西庁舎第1会議室での要望書提出には市役所各部長クラスが出席し、懇談をしました、要望書には、女川原発再稼働に反対を表明し、再生可能エネルギーの活用による産業活性化、雇用拡大に取り組むことや、こども医療費無料化の対象年齢引き上げ、新市民病院本院への循環バス等の実施を求めています。
名称未設定
予算編成で申し入れる共産党大崎市議団(11月11日)左から3人目が鎌内議員


つぎ子のつぶやき
ツイッター
旭中央公園(ジャスコと合同庁舎の間)でスケボーをしている青年から「スケボーができる広い公園が欲しい」「この公演の照明がつかないのでつくようにしてほしい」との要望が寄せられました。早速、市に要望し、「11月から順次つける」との回答をいただきました。すでに一部の照明が点灯するようになっています。
公園照明_鎌内つぎ子
照明が点灯するようになった旭中央公園(写真は鎌内つぎ子議員)

コメントの投稿

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。