美里民報 2013年12月号

美里民報 2013年12月号

町民の皆さんと力をあわせて
町政を動かす

_fuku.jpg
美里町議会議員
福田しゅく子


ふくだしゅくこプロフィール
1995年小牛田町議選当選(3期)、2006年美里町議当選(2期)。
大崎健康福祉友の会遠田支部幹事、遠田民主商工会顧問。


「町民の立場」を貫いて
 福田しゅく子は、町民の命と健康、暮らしと福祉を再優先にとりくんできました。
 小牛田地域での学校給食センター化に反対し、よりよい学校給食をつくるために、多くの皆さんと力をあわせて頑張ってきました。「原発ゼロ」や「憲法9条を守る」運動でも町民の皆さんとともに運動しています。
 今後も引き続き、「町民の立場」を貫いて、全力で頑張ります。ご支援とご協力をお願いいたします。

ブレない党だからこそ「町民の立場」を貫くことができます
 日本共産党は、国民の立場を貫くブレない政党です。だからこそ、福田しゅく子議員は、町民に心を寄せて頑張ることができるのです。

皆さんとともに頑張りました(4年間)
 ●子どもの医療費無料化の年齢拡大
   入院に続き通院も中学校卒業まで拡充の予定です。
 ●すべての学校に図書館司書補配置
 ●太陽光発電設備設置費用への助成
 ●ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン等の摂取への助成実現
 ●保育所の増設(分園を設置)
 ●小牛田地域での学校給食センター化に反対し、より良い給食をめざし運動

町民の願いをしっかり受け止めて
福田しゅく子は、がんばります


安心して暮らせるまちづくり
●国保税1世帯1万円の引き下げを
 涌谷町と比べて一世帯当たり年間6万5千円も多く国税を払っています(平成23年度)。4億円を超える基金(平成24年度決算)を活用すれば可能です。
●介護利用料の引き下げ、介護用品への補助、福祉タクシーの利用拡大、ケア付き町営住宅の整備
●都市計画税の廃止
●プールはじめ運動施設の利用料の軽減

子育てしやすい町づくり
●学校給食費の無料化を
 美里町では約1億1千万円で実現可能です。
 子育て世代の定住が増え、町の活性化につながります。
●学級・学年の消耗品費は、父母負担をなくし、公費負担に
●保育料の負担軽減
●こどもの医療費無料化を、所得制限をなくして18歳までに拡充

若者が元気な町づくり
美里町で若者が働き、住むことができる環境整備をすすめます。
●農業後継青年への町独自の支援制度をつくります。
●若者向けの公営住宅整備

安全な町づくり
 女川原発の再稼働に反対し、万全の放射能対策を目指します。
 災害公営住宅の負担軽減など被災者支援を強化します。

中国の「防空識別圏」設定問題
「許されない暴挙」
日本共産党が中国に厳しく抗議

 日本が実行支配をしている尖閣諸島上空を含む「防空識別圏」を中国が設定しました。これに対して、日本共産党は「絶対に許されない行為」として中国に厳しく抗議しました。

輸入自由化を前提とした農業政策では
日本農業と地域社会は守れません

安倍政権は、TPP交渉での「重要5品目」の関税化(輸入自由化)の検討とあわせて、「減反政策」の見直しを進めようとしています。コメなどの輸入自由化を前提にした農業政策では、日本農業は守れません。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク