スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢和悦 活動報告

TPP参加断固阻止の大崎地方大集会決議を持ち、首相官邸等に行って来ました
-TPPを止めさせたい大崎市議会議員の会(7月5日)-
首相官邸が面会拒否のけしからん対応
ozawa_kamisimo1.jpg 「市議会議員の会」の代表5名は、集会で寄せられたカンパを旅費に充て上京。かみしも姿に「TPP断固反対」の鉢巻を締め、宮城県選出議員、経済産業省、内閣府、衆参両院を訪問。要請書を届けました。

「自民党を勝たせたらもっとひどくなるんじゃないのか」
ozawa_kamisimo3.jpgしかし、首相官邸だけは面会を拒否し、門前払いの対応。議員の会の要請団一同は「大崎地方大集会の決議を首相に届けるのが我々の役目。公約を破ってTPP参加を決めた上、上京した我々に首相官邸の誰もが会いもしないとは何たることか。この内閣は、民主主義をわきまえていない」とお互いに怒り心頭。「自民党を勝たせたら、ますます悪くなるな」「だったらどこに入れればいいんだ?」「こうなったらもう共産党以外ねーよ」こんな会話を交わしながら、永田町を、写真のような羽織姿で闊歩してきました。

「TPP参加で、大崎の地域医療体制は危ういものになると危惧される」
-大崎医師会事務局長が講演で語る-
6月6日、大崎市三本木庁舎議員全員協議会室で開催された「TPP参加を止めさせたい大崎市議会議員の会」主催の大崎市への影響学習会で、堀越市産業経済部長とともに講師を務めた、大崎医師会の村上事務局長は「公的医療保健のない米国との関係で、日本では原則禁止されている混合診療が進んだ場合、病気になっても我慢するようになり、今でさえ困難を抱えている医療機関は存亡の危機にさらされると思う。大崎市民病院だけで地域医療は守れないので大きな地域社会の問題と思っている」と日本医師会等がなぜ反対しているかを話されました。

TPPに参加した場合の大崎市農業への影響 (単位:億円)
品目大崎市の
農業産出額
(平成18年度)
影響額生産額減少率
127.5▲81.8▲64.2%
1.2▲0.7▲58.3%
牛乳16.7▲7.1▲42.5%
牛肉30.6▲21.7▲70.9%
豚肉19.7▲16.9▲85.8%
鶏肉4.4▲1.5▲34.1%
鶏卵11.8▲1.5▲24.6%
小計211.9▲132.6▲62.6%



あなたのお力をぜひお貸し下さい
今度の参議院議員選挙後、3年間、国政選挙はない可能性が濃厚です。だから、なおのこと、安倍内閣の暴走にストップをかける確かな力が国会に必要です。
 今度の選挙は「自共対決」の戦いです。あなたのご親戚、お友達に、ぜひお声かけのご協力をお願い致します。
ozawa_kamisimo4


新市民病院本院周辺の交通混雑と冠水問題解消策
穂波-JR陸羽東線架橋-国道347号(-国道4号)への新道路建設工事新大江川(小川江)河川改修工事(県事業)準備の調査事業が今年度中に行われます。

栄町・大江川は、大雨のたびに道路上を川水が川のように流れ「通行止め」のバリケードが置かれています。私達共産党議員団と住民の運動で、川底汚泥の除去と堤防かさ上げ工事が実施されました。
冠水問題写真2
冠水問題写真1


旧ゴールデンパレス解体、跡地に災害公営住宅(20戸分)建設へ
解体しないと、自然崩落を待つ以外ないことから、有効活用ができるよう市当局に積極対応を強く求めてまいりましたが、関係者のご努力により災害公営住宅として活用されることになったことが6月議会で市当局から報告されました。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。