2013年栗原市議選 菅原ゆうき

無題kuri_
日本共産党 菅原ゆうき

菅原ゆうき議員の実績と活動
●子どもの医療費無料化を中学校卒業までに拡充
●震災被害住宅等の解体・撤去費用の無料化など復旧対策に尽力
●市の放射能対策充実へ提言
●農業用揚水機場の電気料補助制度の継続
●市の委託事業職員の待遇改善

 日本共産党の菅原ゆうき議員は、住民の皆さんの声や願いに基づき、財源の見通しをもった建設的な提案をおこなっています。
この立場でがんばる日本共産党の4議席が市政を動かす力を発揮してきました。
これまで以上のご支援を心よりお願い申し上げます。

合併後8年間で増やした積立金 100億円を市民に還元します

100億円のお金は、市民への負担増、行政サービスの後退や行政経費削減によってつくられたもので、本来市民のために使われるべきお金です。
 このお金を「市民に還元せよ」と主張できるのは、市民の負担増に反対を貫いた日本共産党だけです。

表:栗原市の積立金
積立金合計額うち財政調整基金
平成17年度末7,7753,958
平成24年度末17,6616,680
数字の単位は百万円。平成17年度は「決算カード」より、平成24年度は25年2月補正時のみ込み額(市資料より)

皆さんから寄せられた声に応えて菅原ゆうきは全力で頑張ります
地域の代表として 市政に送り出してください

TPPへの参加を阻止して地域の未来を開きましょう
 地域を元気にするための努力を台無しにするのがTPPです。
 TPP参加をやめさせて、市民の願いが実現する政治を作りましょう。

「市民アンケート」などで寄せられている声を紹介します。

子どもの医療費窓口で無料に
 手続きのために仕事を休んだりしなければならず、もっと利用しやすくしてほしい。

中学2、3年生も35人学級に
 受験生にこそ行き届いた教育が必要ではないでしょうか。

医療体制の充実を
 夜間救急体制、産婦人科などの整備・充実を。

市議報酬を引き下げないままの政務活動費支給には反対します
 日本共産党は「市議報酬の引き下げ」を求めています。庶民感覚からすれば、高い報酬を受け取りながら、「第2の報酬」の支給が「納得できない」のは当然ではないでしょうか。

万全な放射能対策を
 汚染稲わら、学校の除染、食品の放射性物質測定などの充実に力をつくしてきましたが、放射能の影響を受けやすい子どもたちに健康被害が及ばないよう、今後も全力をつくします。

若者の雇用対策が必要
 若者の働く場を確保してほしい。地元企業の仕事確保、自然エネルギー活用の新産業、農業振興や企業誘致など、あらゆる努力が必要だ。

国保税の引き下げを
 国保税があまりにも高すぎる。せめて1世帯1万円の引き下げを実現してほしい。

放課後児童クラブを土曜日も実施してほしい
 共働きで土曜日も休めないので困っています。

●総合支所機能を充実してほしい
●学校再編後の校庭や体育館の管理経費を市負担に

コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク