大崎市議会議員団 市議会報告

2012年12月議会報告
女川原発等再稼働問題 調整したはずの意見書案が否決
調整をホゴにした大崎ニューネット・公明党提出の“政府判断お任せ”の意見書案が可決に(1票差)ーこれ、理解できますか?ー

十二月議会には、女川原発等再稼動問題で三つの意見書案が、事前に提出され、議会運営委員会の方針に基づき、一本化のための調整努力が行われ、十二月十一日の関係者会議で、調整案がまとめられました。ところが、十七日、大崎ニューネット・公明党会派が、別の意見書案を提出。調整を反故にし、一切の調整を拒否する強硬姿勢に転じたことにより、二つの意見書案が本会議に上程され、採決に付されたものです。

①議案第百七十七号
周辺自治体無視の再稼動はダメ
 趣旨は、調整会議で一致した案文。現在、電力企業と安全協定を締結している立地自治体(例;女川町、石巻市と県)が同意すると再稼動できることになっています。それ以外の周辺市町村が無視されていいはずがないので周辺自治体とも協定締結をすること、それまでは再稼動しないことを求める意見書案。最終的に、提出者・小沢和悦議員、賛成者・加藤善市、豊嶋正人両議員で提出。

②議案第百七十八号
周辺自治体の同意不要 政府の判断におまかせ
 調整会議で、絶対に譲れないと主張した文言がなくなり、主張しなかった文言が新たに挿入され、一本化のための調整を全く無視しつくられたもので、決定的なのは、周辺自治体の同意は必要なしで「国、政府の責任で」「判断するよう強く求める」、という意見書案。調整会議に大崎ニューネットを代表し出席した佐藤和好、後藤錦信両議員と公明党の山田和明議員が提出者・賛成者で提出。

なぜなの?
 調整会議で調整案まとめの中心的役割を果たし、前日、伊藤市長に、女川原発再稼動反対の態度表明を、素晴らしい論理展開で迫った門間忠議員(改新クラブ会長)が調整案の趣旨をくんだ議案1に反対し、2に賛成しました。また、同じく調整会議で調整に同意した議員(セントラルおおさき会長)も1に反対し2に賛成。 何か理由がなければ不可解極まりない態度ですが、門間議員は伊藤市長に女川原発再稼動反対の態度を迫る質問(十七日)をした後、ある筋から、圧力があったとほのめかしています。本会議には、門間議員の一般質問の際、電力社員が傍聴、意見書の議論の際は、同じく大幹部二人が傍聴していました。

女川原発等再稼働再稼働問題意見書への議員の態度
177号178号
八木 吉夫××
佐藤 弘樹×
中鉢和三郎×
相澤 久義××
鎌内つぎ子×
加藤 善市×
横山 悦子×
関  武徳××
遊佐 辰雄×
佐藤 講英×
只野 直悦×
相澤 孝弘××
富田 文志××
齋藤  博×
山田 和明×
後藤 錦信×
氏家 善男×
山村 康治××
門間  忠×
木内 知子×
小堤 正人×
豊嶋 正人×
青沼 智雄×
佐藤 和好×
高橋 憲夫×
三神 祐司×
小沢 和悦×
大友 文司×
佐藤  勝×
大山  巖×
佐藤 清隆×
佐々木惟夫×
木村 和彦×
栗田 彰議長議長
(○は賛成、×は反対)


市民病院本院開院後の交通混雑と水害を防ぐ対策工事に同時着工を!―小沢和悦議員が提言し、質問―
「二十五年度に着手できるよう関係機関と協議をつめ、努力する」(市長答弁)

無題 small_3
 小沢議員は、今議会中、病院事業管理者が、病院建設総事業費が、契約時から三十六億円超の「百九十五億を超える見込み」と述べているが、ヒ素処理関連費用を含めると約五十億円ものかかり増しとなる上、新病院開院後、交通混雑と周辺の冠水で患者様がかかりにくい病院になったら経営上も重大事態に陥ると指摘。新大江川(現小川江)のJR陸羽東線からの上流整備と都市計画道路稲葉小泉線整備を同時着工し、道路をまず国道四号線に結ぶことを提言。大江川上流からの水を新大江川に誘導すれば城西や栄町などの冠水解消につながります。市長は、これまで厳しい指摘が多かったが、今回は激励をいただいたと述べ、実現努力を約束する答弁。さらに、大江川上流の改修と抱き合わせで道路新設工事を進め国道四十七号線につなげると大幅な交通緩和が実現します。

食品の放射性簡易測定器が玉造・鳴子公民館にも配備されます―鎌内つぎ子議員の提案実るー
無題 small_2
 鎌内議員は、大崎中央公民館に配備される予算が計上されたときから、広い大崎市では一箇所では間に合わないと、せめて、放射線量の高い玉造への配備を強く求めていました
 今回、三百五十万円の予算がつき年度内に配備されることになったものです。玉造は、山菜取りに出かける方も多く、配備が強く望まれていました。

新たな観光誘客対策の一つとして芭蕉ゆかりの鳴子温泉で、全国俳句大会を開催し、恒例化してはどうか ―遊佐辰雄議員が提言、質問―
大崎では俳句フアンが多くなっており、俳句協会等の団体とも相談し検討してみたい(市長、教育長が答弁)

49140010 small
 遊佐議員は、松尾芭蕉俳句甲子園のような俳句大会をも展望し、俳句フアンからも要望のあるこうした
企画を鳴子温泉で開催することを提案。教育長は学校教育の中でも俳句コンクールなどを開催し効果を上げていると述べ、素晴らしい提案と評価する答弁をしました。

JR東北本線、仙台方面から帰る下り夜9時台の電車増発に市として取り組みを!―木内知子議員が提言、質問―
鹿島台、松山、美里、田尻等に、希望者が多いかどうかの実態把握にまず関係者と取り組み、JRと話し合ってみる必要がある(市長答弁)
無題 small
 この問題は、十一月の議会報告会でも住民から出された要求で、木内議員が取り上げたもの。木内議員は、他町の共産党議員とも協働して必ず実現したいと語っています。市長は「JRは民間企業なので採算との関係があるので」としたうえで表記の答弁をしたものです。

市政や生活等のご意見ご要望を、お気軽にお寄せ下さい
日本共産党大崎市議会議員団
電話 22-1252
FAX 23-1304


コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク