美里民報 7・8月号

美里町議会の6月定例会は、6月26日~28日まで開催されました。また、7月6日に臨時議会が開催されました。
議会での日本共産党・福田淑子、梁川慶一両議員の発言などについて紹介します。


肺炎球菌ワクチン接種へ助成実現!
70歳以上の方に3000円を助成
 70歳以上の方の肺炎球菌ワクチン接種に対して3000円の助成をおこなうことになりました。
 6月議会で547万8000円が予算措置されました。
 指定医療機関で接種した場合に助成の対象となりますが、遠田以外の病院での接種をした場合は、一旦窓口で支払い、助成の申請をすることになります。
 今年4月以降、接種した方が対象になりますので、接種された方は領収書を持って、町保健福祉課(サルビア館)に申請して下さい。
 受け付けは9月からとなります。

学校給食センター化「基本構想」
「取り下げて再提出」
 「小牛田地域学校給食センター計画の凍結を求める陳情書」が議員全員の賛成で可決されましたが、これに対して教育委員会や町がどう対応するかが注目されていました。
 「基本構想」について町長は「取り下げて再提出する」と答弁していました。

「センター化ありき」ではなく「より良い学校給食を」の立場で町民の声を集める議論を!
「基本構想」を取り下げるのは当然です。しかし、なぜこのような事態に至ったのかを考えなければなりません。
 センター化を進めるために、他の町の文章を盗用し、それを町民に押し付けようとしたからです。
 住民の声を集め、議論をする町の姿勢こそ求められているのではないでしょうか。

「美里町学校教育環境審議会条例」に反対
 何について審議をしていくのか条例に明記されていませんので反対しました。

水道料金17%の値上げか
 水道料金について、2段階で改定する計画が町から示されました。
 今回の料金改定にあたり、一般用、家庭用という「用途別料金体系」を、給水管の口径の大きさにより使用した水量に応じて料金を算定する「口径別料金体系」へ変更することになります。
 料金の改定は、第1段階が平成24年10月検針分から、第2段階は、平成26年5月検針分からとなります。
 合わせて平均17.26%の値上がりとなります。 

●水道料値上げ案については、議会常任委員会に付託されました。
●町の説明会は7月28日、29日に行われます。
●公聴会は8月24日におこなわれます。

※消費税の増税案が衆議院を通過するなど暮らしがますます大変になるなかで、水道料の値上げは大きな負担になるのではないでしょうか。日本共産党は、値上げをやめさせることができるよう力をつくします。



放射能対策について
(問)通学路の放射能測定をすべての小中学校で実施を
(答)小牛田小学校の本小牛田地区と大口地区で、保護者が実施している。校長会で周知徹底する。
(問)汚染された側溝の汚泥処理はどうするのか。
(答)各行政区で一時保管をしてほしい
(問)各行政区に保管場所があると考えているのか。
(答)原則は地域にお願いするが、保管できない現状については手法を講じていきたい。

ガンの早期発見ができる
採血健診の導入を

(問)わずか5CCの血液を提供するだけでガンなどの早期発見ができる画期的な健診がはじまっている。南郷病院でもこの検査を取り入れるべき。
(答)他病院の実績を踏まえて検討する。
※大崎市民病院では7月から導入。個人負担は1万9千円

ウジエスーパーフィルタウンセンター進出について
(問)交通渋滞や騒音、通学路の安全確保についての対策は?
(答)周辺の道路整備は町がおこない、山の神団地から西側に出るときの対策は町がおこなう。騒音は発生するとは考えていない。学校に対しては交通安全指導をおこなう。
(問)踏み切り拡幅はするのか。
(答)町でする。

木造住宅耐震診断助成と耐震工事助成拡大を
(答)国と県の交付決定により実施しており、町独自では考えていない。

災害公営住宅建設について
(答)練牛町営住宅に10戸
   牛飼旧郡畜に24戸
   中埣診療所跡地に6戸建設予定

コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク