災害復旧ボランティア 支援活動ニュースNo13

震災支援農園でできた野菜を
女川の仮設住宅にもっていきました


第19回支援行動として、7月14日に予定していましたが、震災支援農園の野菜は収穫の時期を迎えたものもあるため、23日に収穫の作業をおこない、急遽24日に届けることになりました。

当日持っていった野菜は、大根、玉葱、小松菜の3種類で、横浜から来たボランティアの方々と一緒に女川町の針浜、小乗の2ヶ所の仮設住宅に届けました。
被災者の方からは、大変感謝されるとともに、要望も出されましたので今後に生かしたいと思います。

被災者から要望が強いもの
◆米、味噌、醤油
◆野菜類、食料品
◆蚊取り線香
◆殺虫剤
◆タオル
◆下着
(ボランティアセンターの方のお話ですと、「季節が一巡したこともあり、衣類や食器類はさばけない」とのことでした。)

***復旧・復興のめどがいまだに明らかになっていない中で、被災者の皆さんは依然として厳しい生活を強いられています。
日本共産党北部地区委員会では、そういう方々のために少しでも力になれるように、系統的な支援活動をおこなっています。***



第20回沿岸部支援行動
日時
→ 7月14日(土) 
  北部地区委員会事務所 午前8時30分集合


活動内容
→ 食料品や日用品を石巻の被災地へ持っていき、「無料のフリーマーケット」を開き、被災者の方々に物資を届ける活動です。

ご協力ください
支援活動を進めるためご協力ください。連絡は北部地区委員会までお願いします。
・支援活動ボランティアへの参加
・支援物資のご協力
・支援活動を支える資金の協力

コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク