新わくや 2011年9月号

ブロック塀等の解体撤去費用への助成を
杉浦謙一議員が奮闘!
涌谷町では、住宅や店舗、倉庫等の建物の解体処理費用が公費で負担されることになりました。

しかし、ブロック塀等の解体撤去費用にたいしては助成がありません。
仙台市などでは公費助成が実現しています。

日本共産党のすぎうら謙一議員は、涌谷町でもブロック塀等の解体撤去費用への助成を実現できるよう力を尽くしています。




「町政アンケート」にご協力ください
日本共産党涌谷支部では、町民の皆様の要求や願いを把握し、今後の活動に活かすために「町政アンケート」を実施してます。ぜひご協力ください。
(アンケート内容は追記に掲載します。)



福島原発事故による放射能汚染から
子どもと食品の安全と農業生産を守れ

日本共産党が「提言」を発表

・政府は生産者の損失補填、営農継続への万全の態勢をとるとともに、消費者の不安が払拭されるよう、検査体制等を国の責任で整えるべきである。そのための費用は、国が東電に補償を求めるべきである。
1.食肉については、牛の全党検査を行うこと。そのための経費は国が負担すること。
2.肉用牛肥育農家に対して、飼料代や退避管理等への支援を行うこと。1頭5万円の支援金の返還を求めないこと。廃用牛への支援を行うこと。
3.米の放射性物質調査は、一圃場ごとにおこない、調査結果はすべて公表すること。
4.学校給食の食材については、徹底的な放射能検査を行い、安全な食材を提供する体制を確立すること。

・空中放射線量や土壌汚染など放射能汚染の実態を把握するモニタリング調査を系統的に実施すること。大規模な放射能汚染から子どもと国民を防護する緊急の法整備を行うこと。


日本共産党涌谷支部では放射線測定機を購入し、庁内各地域の放射線量を測定しています。自宅や公園など測定してほしい箇所についてのご意見や要望がございましたらご連絡ください。

涌谷町政アンケートへのご協力のお願い
2011年8月 日本共産党涌谷支部
日本共産党町議会議員 すぎうら謙一

今後の町政における政策にいかすために「町政アンケート」をおこなっています。
アンケートにご記入いただき、同時にお配りしている封筒(すぎうら謙一宛、切手不要)に入れて、ポストに投函してください。ご協力お願いします。
アンケート内容
1.東日本大震災による被害はいかがでしたでしょうか。行政等への対応へのご意見ご要望などをお聞かせ下さい。

2.福島原発事故による放射能被害が心配されています。原発についてのお考えをお聞かせ下さい。(いずれかに○を)
・原発からの撤退と自然エネルギーへの転換を図るべき
・安全性をしっかり確認したうえで、稼働させるべき
・電力を確保するために原発は必要

*原発や放射能についてのご意見ご心配などについてお聞かせ下さい

3.涌谷町の施策として重視すべきと思うもの、充実してほしい施策について、下記の中から○を付けてください。(複数回答可)
・町立病院の充実、医療体制の整備
・高齢者福祉、介護施策の充実
・子育て支援の充実
・商店街、まちづくり、中小企業対策の強化
・農業振興への支援、助成
・雇用対策の充実
・国保税引き下げ
・水道料引き下げ
・その他
*そのほか、具体的な施策の要望などあればお聞かせ下さい。

4.町政に対する要望や道路や側溝などについての要求などありましたらお聞かせ下さい。

5.国の政治や日本共産党に対するご意見ご要望をお聞かせ下さい。

コメントの投稿

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク