スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地区委員長雑感17           大崎市鹿島台で原発と放射能について考える懇談会を開催

無題 党北部地区委員長 内藤たかじ

9月17日、鹿島台公民館において「原発と放射能について考える懇談会」が開催されました。
主催は原発問題宮城県住民運動連絡センターでした。主催者を代表して、私、内藤が挨拶を行いました。
講師は、女川町議の高野博さん、元高校教師の小畑茂さんでした。
高野さんの講演内容についてのご本人のメモが配布されました。(内容は追記にて)

P1000098.jpg

懇談の中では、放射能についての不安の声や原発は廃炉にすべきかという質問も出されました。この中で、前鹿島台町長の鹿野文永氏は「長年町長の職にあったが、原発の危険を見抜くことができず、今日の事態を招いた。今後は、原発からの脱却に皆さんとともに頑張りたい」という趣旨の発言がありました。政治家として実に誠実な態度だと思います。いまだに、「原発は安全」とか「再稼働」とか言っている人たちに聞かせたい言葉です。

福島の原発事故はまだ収束していません。事故原因の究明も始まったばかりです。それなのに「再稼働」というのは「安全性」というのが単なる飾り文句にすぎないということを示すものにほかなりません。


私は今、県政を目指して街頭演説をおこなっていますが、その中でもこのことを強調しています。市民の皆さんからは、「自民党の県議ばかり何人いても原発の歯止めにはならない。共産党に頑張ってもらわなければ」などと言う声をかけていただいています。

P1000104.jpg


17日付の「赤旗」には、電力会社や原子力関連企業などでつくる「日本原子力産業協会」の会員企業が、2009年1年間で、自民党に7億円、民主党に2300万円の献金をしていることが報道されました。「原発マネー」に毒された政党では、原発を止めることはできないことは明らかです。

続きを読む

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンタ
最新トラックバック
地区委員会ツイート
地区委員会タイムライン
文字サイズを変えて閲覧したい方はこちらから
←拡大 ←縮小
    無料法律相談
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。